お葬式に伺う際のマナー

日本には古くから冠婚葬祭という伝統があり、それぞれのシチュエーションにふさわしいとされるマナーや常識が意外と細かく定められています。しかしながら、それらのマナーの多くは暗黙のうちに伝統となり、文化として受け継がれてきたものなので、社会人として経験の浅いうちは知らないうちにマナー違反を犯していたり、常識はずれの行動によって周囲を不快にさせてしまったりします。

また、年齢を重ねるにつれて身内の不幸に遭う可能性も高まってきますが、シニア世代になってもお葬式の細かいマナーについては意外と知らないことが多く、特に都市部ではあいまいなルールのままで葬儀が執り行われる、ということも決してめずらしくありません。冠婚葬祭のうち、お葬式だけは事前に予測することができませんので、シニア世代の方は特に普段からお葬式の正式なマナーを把握しておき、いざ自分が弔う側になった時に故人を気持ちよく送り出せるようにしておきましょう。

お葬式といっても、地域によってマナーはさまざまです。基本となる常識は統一されていたとしても、細かい部分についてはいわゆるローカルマナーが尊重されていることが多く、思わぬ失敗やマナー違反を誘発する原因ともなっています。

このサイトではお葬式全般の基本マナーについて詳しく解説しつつ、お葬式の歴史や未来、地域ごとのマナーの違いについて具体的にお伝えしています。実際にお葬式で困った経験のある方はもちろんのこと、お葬式に参列したことがまったくない、という方もぜひとも参考になさってください。